ピーリングはどのくらいの頻度でやればいいの?

おおまかな目安は10日に1回

古い角質が肌に残っていると肌がくすんで見えたり、ニキビや炎症の原因となり肌トラブルをひこ起こしてしまいます。通常、古い角質は肌のターンオーバーにより自然と無くなりますが、生活習慣や食生活、加齢など様々なことが原因でターンオーバーが正常に行われない事もあります。そんな時に効果的なケアが、ピーリングです。
ピーリングは薬剤や専用のグッズを使い、古い角質を溶かしたりそぎ落とすケア方法です。この方法により、肌トラブルを起こしやす古い角質を取り除き、新しくきれいな肌を作ることが出来ます。
しかし、ピーリングと一言でまとめても様々なものがあります。ピーリングのやり方、配合されている成分や濃度、細かい点で異なってきます。基本は製品に書かれている指示に従うのが安全ですが、おおまかな目安としては10日に1回の使用が良いとされています。

肌状態によって使用を決める

ピーリングの使用は商品ごとにより指定されている使用頻度を守るのが安全ですが、使用する前に肌の状態もしっかり確認しておきましょう。 ピーリングをする場所にニキビや炎症、傷がある場合、ピーリング自体が大きな刺激となり、症状を長引かせたり悪化させる原因になってしまいます。何かしらの肌トラブルが起こっている場合、刺激となるピーリングは避けましょう。 特に女性はホルモンバランスの変化が大きく、一か月の間で肌状態が大きく変わることがあります。日によって肌が弱くなったり正常に戻ったりを繰り返します。ピーリングを行うのは、肌状態が正常な時だけにしましょう。表面上は肌トラブルが起こっていない肌でも、弱い状態でピーリングを行えばトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。