ピーリングした後のケアってどうするの?

保湿効果のあるスキンケアを使用する

ピーリングとは、古い角質を薬剤で溶かしたり、専用グッズを使ってそぎ落とす方法です。古い角質を落とすことで汚れのない新しい肌を作ることができ、高い美肌効果が期待できます。ただし、人工的に古い角質を落とすピーリングは、正しいケアをしなければ肌に逆効果となってしまいます。
ピーリング後のケアで一番大切なのが、保湿ケアです。保湿ケアはピーリング後の敏感になっている肌を保護しながら、肌を綺麗に保つことができます。
保湿効果のある成分として挙げられるのが、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンといった成分です。これらの成分が中心となって配合されているスキンケアを選び、ピーリング後で敏感になっている肌をケアしましょう。

保湿ケアを行う際の注意点

ピーリングには保湿ケアが重要ですが、正しい方法で行わなければ肌に逆効果となってしまいます。
ついやりがちなのが、化粧水や乳液、クリームなどのスキンケアの使いすぎです。これらのアイテムは大量に使うほど保湿効果が高まるというイメージがありますが、過剰使用はピーリング後で敏感になっている肌にとっては刺激となってしまいます。ピーリング後のスキンケアは保湿成分が配合されているものを使い、メーカー指定の規定量を守って使用するようにしましょう。
また、ピーリング後で敏感な状態になっている肌は、いつもであれば問題ない成分にも過剰に反応する可能性があります。使用して肌に違和感があった場合は使用を中止して、低刺激で肌に優しいスキンケアを使いましょう。