ピーリング剤にはどんな種類があるの?

ピーリングはどうして必要なの?

ピーリングをすることによって肌に残った古い角質を取り除き、くすみやシミ、乾燥といったトラブルを改善することができます。肌はターンオーバーという新陳代謝によって古い角質が剥がれ落ちて新しい角質と入れ替わります。このターンオーバーのサイクルが老化によって遅れたり、肌へのストレスによって角質が肌を守ろうとして剥がれにくくなることがあります。この肌に残った古い角質が、くすみやシミ、毛穴の汚れや乾燥といったいろいろな肌トラブルの原因となります。このようなトラブルを改善してくれるピーリングですが、どのような種類があるのでしょうか?ピーリングには自宅で簡単にできるピーリングと医療機関で行うピーリングがあります。ここでは、自宅でできるピーリングについてみていきます。

自宅ケアで使うピーリング剤は?する頻度は?後のケアは?

自宅でできるピーリング剤には、石鹸やジェルタイプで洗い流すもの、ジェルやクリームタイプで塗ってマッサージするもの、化粧水タイプの拭き取らないものなどがあります。いろいろなタイプがあるので、自分に合ったものを選びましょう。敏感肌など肌の弱い人は二の腕でパッチテストをしてから使うようにしてください。また、成分には主にAHAとBHAがあります。AHAはフルーツ酸とも呼ばれ、乳酸、クエン酸等があります。BHAには主にサリチル酸があります。BHAは刺激が強く化粧品への配合量も決められているので、自宅で使う時はAHAの成分表示があるものがおすすめです。ピーリングはやり過ぎても逆に肌トラブルとなりますので、週1~2回を目安にしてください。ただし、製品に書かれている使用頻度を守り、肌が弱い人はトラブルにならない頻度で行ってください。ピーリングをした後はしっかり保湿をして、日焼け止めもしっかりしてください。